Posted by at

2014年06月19日

誕生日の演出




じゅんじゅんです


新婚のころ 会社帰りに赤いバラを買ってきたまっさんいわく

明日はじゅんじゅんの誕生日だから 何もしないと何を言われるか

わからないから 。。。


まったく! 

婚約時代 私のフィアンセは花も送ってくれないのね というと

慌てて注文した花が 菜の花だという

菜の花?! 柴田錬三郎じゃあるまいし。。。

しかし送られてきたのは フリージアその他の切り花でしたよ

アレンジしてなくて 自分でアレンジして花瓶に生けるなり

剣山に差すなりするタイプ 今から17年くらい前の話ですからね


赤いバラの花束は ほとんどの花が全開状態でした

赤いバラはつぼみを一本 のほうがいいのよと文句を言ったら

その後花は買ってこなくなった


じゅんじゅんの誕生日はボーナス月なので ボーナス出たら

現金をもらう という情緒のないものに

それだったらまだ カードで好きなものを買いなさい の方が

なんぼかましよねえええええ


今年は 制限食の宅配をとっている誕生月

誕生日だけははなからパスしておきました

たまには夕食 外食したいな

まあ 去年 父のことであちこち飛び回っている頃は

夕飯時にかかってしまい いわくま(ステーキ屋)で夕食

 ということも 一度ならずありましたが

食欲を満たし ストレスを食い気で蹴散らす という外食じゃなくて

ゆっくり お酒も飲んで 美味しいものを食べたいと


まっさんに話すと すんなりOK

行きたい店まで すんなり決まった

羽田のミス・コリアもうまいが マッコリもいいが 持ち帰りで

温めなおして食べ 後片付けもしなきゃならない それはまた 

置いといて


季節の食材を使った シノワズリなインテリアの店

サービスはフランス料理のように

お酒は紹興酒か ワインか シャンパンは目の玉が出そうになるほど

高いから パスだな


誕生日の演出も ほぼ自作自演

しかしお支払いは そりゃあ僕が払いますよ と まっさん

全開の赤いバラ よりは 旬の食材のコースのほうが いいわよね


花は お祝いにというより 最近は 自分の癒しのために欲しい

まっさん

姑からのおすそわけの花の鉢(鉢は自分で買ってきた)を愛でて

いましたが 花が終わり 新芽もなく がっかり

じゅんじゅんが数年前に頂いたブリザーブドフラワーを引っ張り出し

てきて 自分のそばに 飾っています


お互い 自分のための演出

人生に潤いが欲しい お年頃なのね


  


Posted by massan&junjun at 23:29Comments(0)